平成27年度 東京都内水面漁連の活動

11月27日

 東京都内水面漁連では、毎年この時期に会員を対象に研修会を実施しました。
 25名の出席により内容のある研修となりました講師には東京都水産課島しょセンターの担当職員により行われました。
 特に2020年東京オリンピック、パラリンピックの開催に向けての内水面漁業振興対策事業の詳細説明やカワウ対策に関する対応策などを重点に水産課職員により行われ2時間以上の研修会となりました。
 東京と内水面漁連としても今後直接関連があるため、大変参考になり盛況のうち終了いたしました。

 11月15日  ○カワウ捕獲器設置講習会の開催

・11月15日(日)東京都内水面漁連(後援)により各漁協と秋川漁協役員を中心に
講習会を実施致しました、講師は秋川漁協役員、この捕獲方法は東京都の認可を
受け捕獲される方法です、参加者は東京都の職員を加え51人が受講しました。
 
 11月10日  ○アユ産卵場造成作業の実施

・平成27年11月10日(火)東京都内水面漁連では毎年この時期に世田谷砧地区の
多摩川に於いて実施、この作業には奥多摩・多摩川・秋川の各漁協役員と東京都の
水産課・島しょセンター・自然環境調査の40名により2か所の産卵場を造成しました。
 
 10月21日  ○第2回江戸前アユ検討会議開催

・平成27年10月21日(水)〔昭島市産業サポートスクエアー〕に於いて今後の
事業の対策に向けての話し合いが東京都水産課・東京都内水面漁連の主催により
都島しょセンター・奥多摩・多摩川・秋川の3漁協役員の出席により行われました。
*平成27年度のアユ産卵場造成作業の実施日の検討
*27年度遡上鮎報告(島しょセンター)
*その他
 
 10月8日  ○第58回全国内水面漁業振興大会開催

・平成27年10月8日(木)〔鳥取県米子市米子コンベンションセンター〕に於いて
全国より漁連関連役員800人以上の参加により盛大に行われました
議案
 1.放射性物質の影響による出荷制限指示の解除に係る対応について
    東北北海道ブロック 宮城漁連より
 2.アユ資源の維持増大を目的とした河川環境の回復について
    中央ブロック 茨城県及び群馬県より
 3.アユの魚病対策について
    東海ブロック 岐阜県より
 4.ニホンウナギの資源管理について
    近畿北陸ブロック 兵庫県より
 5.内水面水産資源の保全に係る予算の確保について
    中国ブロック 鳥取県より
 6.災害復旧と魚類資源の保全について
    四国九州ブロック 福岡県より
 7.内水面養殖業の資産経費高騰に対する支援について
    全国内水面養殖振興協会より
*以上の7議案は出席者満場一致により承認されました。
*尚、今回の大会には来賓として高知県知事・県議会議長・国会議員・関係省庁より
 御挨拶を戴きました。
 
 7月27日  ○平成27年度内水面漁業中央ブロック協議会会長会議の開催 

平成27年7月27日(月)〔千葉市ホテルポートプラザちば〕に於いて1都9県の会長
及び事務局(26名)の出席により実施
議題
 1.平成27年度第58回全国内水面漁業振興大会の提出議案について
 2.平成28年度第59回全国内水面漁業振興大会の開催について
*1の議案については茨木漁連及び群馬漁連から提出する事に決定しました。
*2の28年度の振興大会は茨木漁連の開催予定に内定しました。
 
 6月25日  ○平成27年度(第63回)通常総会開催

去る6月25日(木)港区赤坂三会堂ビル9階ホールに於いて全国内水面漁連の総会が
行われました、議案は次の通りです
 第1号議案:平成26年度事業報告並びに決算承認の件
 第2号議案:平成26年度剰余金処分案承認の件
 第3号議案:平成27年度事業計画並びに収支予算案決定の件
 第4号議案:平成27年度経費の賦課及び徴収方法決定の件
 第5号議案:平成27年度に於ける役員の報酬額決定の件
 第6号議案:平成27年度余裕金預入先決定の件
 第7号議案:平成27年度借入金限度額決定の件
 第8号議案:橋本前専務理事に対する退任慰労金支給の件
*以上8議案は全県代表役員の満場一致により全て可決されました。
*総会終了後の懇親会では各県役員の情報交換が行われました。
 
 5月15日  ○簡易魚道設置作業

東京都内水面漁連(会長 安永勝昭)では毎年東京都水産課・島しょセンターの指導に
より、漁連恒例の事業となっています。
多摩川・奥多摩・秋川漁協の役員と水産課・島しょセンター・鮎釣り友の会総勢42名に
より行われました、使用した土嚢は430袋、作業時間は約2時間でした。
 
 3月26日   ○平成27年3月26日(木) 第63回東京都内水面漁業協同組合連合会通常総会が
開催され(於 あきる野市 自然休養村 「山渓」)下記の議案が承認されました。
                  記
第1号議案 平成26年度歳入歳出決算及び利益剰余金処分案
第2号議案 平成27年度事業計画案
第3号議案 平成27年度賦課金徴収金額案
第4号議案 平成27年度収支目論見書案
第5号議案 平成27年度一時借入金最高限度額及び取引先金融機関指定案
第6号議案 役員改選について

平成27年度は役員改選期にあたり、新役員が決定しました。(こちらです。)
また事務所も青梅市よりあきる野市に移転しました。