平成19年度 東京都内水面漁連の活動

2/21 昨年同様、カワウが餌を獲れず、自然淘汰されることを目的に2/19〜23日まで東京都内水面漁連傘下、奥多摩漁協、秋川漁協、多摩川漁協管轄内においておもちゃの銃を使用して冬季カワウ追払いを早朝より行っています。6時15分奥多摩漁協前(写真)
1/31 1月30日(火)港区赤坂三会堂ビル会議室において、午後2時より内水面中央ブロック協議会漁連会長会議に会長、事務局出席しました。第52回中央ブロック大会の開催場所及び提出議題について審議。今年度は千葉県で開催されます。続いて緊急・広域外来魚等対策事業中央ブロック協議会が開催され、中央ブロック10都県より結果報告がありました。東京都内水面漁連としてもカワウ被害防除対策をこの事業で実施し、主に一斉追い払いにおける効果、問題点等を報告いたしました。今年も同様に追い払いを中心に実施の予定です。
1/25 1月25日(木)奥多摩フィッシングセンターの会議室において、19年度第1回の理事会及び定款の一部改正に伴う研修会を開催いたしました。理事会におきましては平成18年度の仮決算の承認、また19年度の主な事業であります内水面漁場環境保全啓発活動事業、カワウ対策を中心とした緊急・広域外来魚等対策事業、江戸前中間育成事業の進め方について東京都水産課より説明をいただきました。つづいて「会社法の整備に伴う関係法律の整備等に関する法」及び「銀行法等の一部を改正する法律」の施行により、水産業協同組合法が改正されたため、模範定款例の改正、および業務報告書基準様式の変更が実施されその内容について、水産課の担当者より研修をしていただきました。




                                                戻る